Powered by Six Apart

最近のトラックバック

2016年10月25日 (火)

湊川神社 宝物殿の由来 塩田富造の業績を中心に

塩田富造氏は湊川神社の境内地(南西隅の421坪)に高層建物が建設される
計画があった昭和34年から昭和37年にかけて塩田氏の私財を投じ危機
から救った湊川神社の恩人でもあります。
さらに湊川神社の宝物殿も寄進された。
上記の経緯について簡単にまとめた資料(下に添付)が宝物殿2階の階段を
上がった所に塩田富造氏胸像と共に展示されています。

Img839


拡大版はこちら
 minatogawashrinetresureexibition.pdfをダウンロード

その時代の宮司 吉田智朗氏は感謝の気持ちを後世に伝えるべく
その経緯を克明に記した書物
「護持された神域 : 湊川神社境内地復帰と宝物館寄進の由来」(1986)を
発刊されています。

塩田富造氏は戦災で焼失した湊川神社の復興のため、昭和25年(1950)に
本殿・幣殿・透塀の建設さらに石灯篭2基の寄進を申し出て昭和27年に
完成した。個人が一神社に対する寄進としては破格の高額であった。

顕彰碑を建てようとした神社側に対して、塩田富造はキッパリと拒絶した。
しかし、神社は何らかの方法によってこの篤志に報いようと昭和28年1月
境内に徳富蘇峰の文と神宮祭主北白川房子の題詠歌による頌徳碑を建立し
感謝の意を表した。

Img_7755


上の写真が頌徳碑です。 撮影:2016-10-23

詳細は小生の下記ブログを参照してください。
 塩田富造氏 頌徳碑 in 湊川神社 on 2016-10-23

2016年10月15日 (土)

兵庫県立考古博物館 秋季企画展 「江戸時代の兵庫津」

2016年10月14日に表題の兵庫県立考古博物館 秋季企画展 「江戸時代の兵庫津」を観てきました。

興味のある方への情報提供という意味合いから兵庫県立考古博物館が作成したリーフレットを添付しておきます。

Img834


Img835_2



上の2枚の写真が兵庫県立考古博物館 秋季企画展 「江戸時代の兵庫津」のリーフレットです。
拡大版はこちら
 port_of_hyogo.pdfをダウンロード


2016年10月10日 (月)

しんかい6500について on 2016-10-8

「しんかい6500」は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)が保有し、深度6,500mまで潜ることができる潜水調査船です。1989年に完成(三菱重工業製)し、日本近海に限らず、太平洋、大西洋、インド洋等で、海底の地形や地質、深海生物などの調査を行っています。

2016年10月8日(土)に神戸港中突堤に母船「よこすか」と共に寄港し一般向けに公開され見学することが出来ましたのでその時の写真を紹介します。

また、同日の昼から商工会議所で神戸大学-海洋研究開発機構包括連携シンポジウム2016
が開催され「しんかい6500」「しんかい2000」で潜航回数318回の実績を持つJAMSTECの田代省三氏(JAMSTEC広報部長)よりしんかい6500に関する面白い講演も聴講できましたのでそちらも簡単に紹介します。

Img_6495


Img_6496


Img_6514


Img_6516


Img_6517


上の6枚の写真が当日現地で観た「しんかい6500」の実物です。

Img_6497_1


上の写真「しんかい6500」の説明パネル

拡大版はこちら
  Shinkai6500.pdfをダウンロード
次に神戸大学-海洋研究開発機構包括連携シンポジウムで「しんかい6500」について講演されたJAMSTECの田代省三氏(JAMSTEC広報部長)の講演内容についての話題に変えます。

Img_6622


上の写真は講演中の田代省三氏。

Img_6586



上の写真は田代氏の略歴

Img_6587


Img_6588


上の2枚の写真は2012年の「しんかい6500」の改造点

Img_6595


上の写真は「しんかい2000」での絶縁低下のトラブル

Img_6597


上の写真は1983-7-25 漁網に引っかかったヒヤリハットの紹介

Img_6601


上の写真は1986-7-4日本初の熱水噴出領域の発見

Img_6602


上の写真は世界初のCO2ハイドレートの発見

Img_6605


上の写真は東太平洋海膨(EPR)海底上に滞留する熱水プルーム このゾーンに入ると真っ暗になる。

Img_6608


上の写真はマルチチャンネル反射法探査システム(地殻構造探査)の原理図説明


2016年9月29日 (木)

鳥光の歩み 明治25年創業

Img824


上の写真は焼き鳥の老舗「鳥光」の歩みを記したものです。 拡大版は下記のとおり

history_of_torimitsu.pdfをダウンロード

2016年9月21日 (水)

2015年の高齢夫婦無職世帯の家計収支

Img_4652


上の写真は総務省の家計調査報告(家計収支編)―平成27年(2015年)平均速報結果の概況ー から簡略にまとめた図で報道ステーションという番組で紹介されていたものです。

ここで高齢夫婦無職世帯とは夫が65歳以上、妻が60歳以上の夫婦のみの無職世帯

毎月6万円の赤字は貯金より補てんされている構図である。

また、毎月の赤字額は年々増加しています。(下の写真)

Img_4653


このことから老後の蓄えがいくら必要かとフィナンシャルプランナーの方が試算した結果
2,000万円という数字を出されていました。

2人以上世帯の2015年の貯蓄の現在高は平均値1,805万円で中央値は1,054万円
勤労者世帯でみると平均値1,309万円、中央値は761万円です。

また50代の人にアンケートで老後の備えについて尋ねた結果は下の写真のとおり

Img_4649



2016年8月18日 (木)

高田屋嘉兵衛

高田屋嘉兵衛(たかだやかへえ)は明和6年1月1日(1769年2月7日) 、淡路島
(現在の兵庫県洲本市五色町都志村)の農民の子として生まれる。
以下簡単な略年表を添付しておきます。

寛政2年(1790)22才で兵庫の西出町に移り船子。
寛政4年(1792)24才で船頭。

寛政8年(1796)辰悦丸(1,500石船)を建造し、船持ち船頭となる。
  西出町に諸国物貨物運漕高田屋嘉兵衛の看板をあげていた。
  上方の塩、酒、綿糸などを積み込み日本海航路の酒田や越後でそれらを販売し
  米を買い入れ蝦夷地で売るという商売が当たり巨万の富を得る。
寛政10年(1798)函館に出店を開き、函館の基盤整備に私財を投じた
寛政11年(1799)近藤重蔵や間宮林蔵、最上徳内などの幕府役人と接触し、
            信を得て蝦夷地交易を許可される。
            幕命で蝦夷地御用船頭となり択捉島への航路を開く

享和元年(1801)幕府より苗字帯刀を許されている
              (蝦夷地常雇船頭に任じられる)
文化3年(1806)箱館の大火の折、被災者の救済活動と復興事業を率先して行う

文化9年(1812)幕府によりロシア軍艦ディアナ号艦長ゴローニンが捕えられた報復として、
     高田屋嘉兵衛は国後島で副艦長のリコルドにより捕えられた(ゴローニン事件)。
     ディアナ号でカムチャツカ半島ペトロパブロフスク・カムチャツキーへ連行されるが、
     ロシア側を説得して翌年(1813)帰国。
文化10年(1813)帰国後の嘉兵衛は松前奉行を説き伏せ、ロシア側に侵略の意図が無い
     ことを納得させ、人質解放に尽力した。
     日ロ双方に対し、献身的に折衝し、両国から賞賛された。
文政元年(1818)事業のすべてを弟の金兵衛に譲り、故郷の都志に隠居
           故郷の港湾改修などに協力

文政10年4月5日(1827年4月30日)59歳で生涯を閉じる。
                都志村の多聞寺に葬られている

B0118987_17301458


B0118987_17302533


上の写真(2枚)は高田屋嘉兵衛が兵庫稲荷神社に奉納の石灯籠と神社の遠景。
奉納された時期は文政7年(1824)。

B0118987_17391562


B0118987_17392939


上の2枚の写真は鎮守稲荷神社にある高田屋嘉兵衛に関する説明板。

末筆になってしまいましたが、高田屋嘉兵衛に関する各地の足跡を紹介した冊子を五色町教育委員会が昭和35年(1960)に発行していますのでそのまま掲載紹介します。
(著作権消滅のため)
kahei_takadaya.pdfをダウンロード

B0118987_1704663


上の写真は神戸市兵庫区西出町にある高田屋嘉兵衛 本店の地の石碑 撮影は2011-2-21  

B0118987_681463


上の写真は高田屋嘉兵衛(1769-1827)の顕彰碑です。 設置場所:竹尾稲荷神社(神戸市兵庫区七宮町1-3-18) 昭和28年(1953)入江育友会が主導し入江婦人会が協力し、当時の原口神戸市長 の題字で建立され入江小学校の校門脇にあったものを平成5年(1993)11月吉日 竹尾稲荷神社に移設されました。



2016年8月13日 (土)

Rio五輪 国別メダル獲得数 2016-8-13 10:59現在

Img_3081


上の表がRio五輪 2016-8-13 10:59現在の国別メダル獲得数です。

拡大版はこちら
medalsbycountries2016rioolimpic.pdfをダウンロード

より解り易いサイト
  https://www.rio2016.com/en/medal-count-country

2016年8月11日 (木)

Rio五輪 卓球男子 個人戦 準決勝組み合わせと対戦予定時間(日本時間)

Rio五輪 卓球男子 個人戦 準決勝組み合わせと対戦予定時間(日本時間)は下に添付のとおりです。

Img764



水谷隼選手がベスト4に残っています。女子の福原愛選手はメダルに届きませんでしたが水谷選手の頑張りに期待したい。

拡大版はこちら
rio2016table_tennismenssingle.pdfをダウンロード


2016年7月27日 (水)

2013年3月20日阪神電車三宮駅リニューアル

下に添付のリーフレットを記憶にとどめ保管しておく目的でブログを書きました。
10年後に役立つ?

Img741


Img742


拡大版は下記のとおり。
hanshinrailwaysannomiyasta. Renewal.pdfをダウンロード

2007年10月より5年半に及ぶ工事を経て2013年3月20日に阪神電車三宮駅リニューアルが完成し開業しました。リーフレットでは駅ナカ店舗(スクラ三宮と命名)も紹介されています。
総事業費:約130億円 1/3国 1/6兵庫県 1/6神戸市 1/3阪急阪神ホールディングス

駅名は2014年4月1日より神戸三宮(こうべさんのみや)駅

2016年7月26日 (火)

冊子「神戸 西国街道 まわり道」の紹介

表題の本が神戸市都市計画局計画部アーバンデザイン室 TEL:078-322-5486 
より出されています。 監修者:道谷 卓 氏
平成12年度 第368号

西国街道を散策してみたい人にとって有用だと思いますので紹介します。
ページ数:58頁

表紙は下に添付のとおり

Img738


拡大版はこちら
  saigokukaidomawarimichi.pdfをダウンロード